0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ドメーヌ・オドゥール・コカール モレ・サン・ドニ プルミエクリ クロ・ラ・リオット 2010

現地ブルゴーニュでは高い評価を得ているが、 なかなか探し出すことができない造り手。

生産量が少なく、毎年決まった常連顧客への販売が中心となっている。 その常連のひとつが、クロード・デュガのネゴシアン部門「ジブリオット」

ドメーヌは、モレ=サン=ドニを代表するグラン・クリュ 「クロ・ド・ラ・ロッシュ」の真向かいにドメーヌを構える。

ワイン・ガイドへの露出は少ないものの掲載されれば評価も高く、オドゥール=コカールのフラッグ・シップとも言える「モレ=サン=ドニ 1erクリュクロ・ラ・リオット2007」は信頼のフランスワイン・ガイド「ギド・アシェット2010年版」よりミシェル・マニャンやニコラ・ポテルの「クロ・ド・ラ・ロッシュ」、アルローやシャルロパンの「クロ・サン=ドニ」等、並みいるグラン・クリュに匹敵する1ツ星のワインとして掲載されております。
ドメーヌの看板畑!!原産地呼称:A.O.C MOREY-SAINT-DENIS 1er Cru
葡萄品種:ピノ・ノワール100%
醸造:全て除梗を行い、ステンレス・タンクで醗酵。フレンチオーク樽(228l)でMLF後(新樽率1/3)同オーク樽で15~18ヶ月熟成。


*フラッグシップ 「クロ・ラ・リオット」 
ラ・リオットはクロ・ド・ラ・ロシュを構成するリューディ、レ・シャビオの直下にある素晴らしいロケーション。モレ=サン=ドニ村の一級の中でも評価の高い畑です。

クロ・ド・ラ・ロシュに連なる斜面の上部にあるクロ・ラ・リオットは、その名の通りクロ(=石垣)に囲まれており、モレ=サン=ドニ村の行政が単独所有しております。そしてオドゥール=コカールはメタヤージュ(折半小作契約)でこの畑を管理しております。その為「ラ・リオット」は複数の生産者よりリリースされておりますが「クロ・ラ・リオット」が飲めるのは現在オドゥール=コカールのみとなります。ちなみにモレ=サン=ドニ村に納めるワインは村の行事で使用されるそうです。

<参考評価>
前記した様にギド・アシェット2010年版からは2007ヴィンテージがミシェル・マニャンやニコラ・ポテルの「クロ・ド・ラロッシュ」アルローやシャルロパンの「クロ・サン=ドニ」等並みいるグラン・クリュに匹敵する1ツ星のワインとして掲載されております。

<生産者のテイスティング・ノート>
赤や黒い果実の香りが主に感じられ、香り、味わい共に良くまとまっています。ミネラルもしっかりと感じられ、タンニンも柔らかく溶け込んでいます。
ページトップへ