0
¥0

現在カート内に商品はございません。

クリュッグ ロゼ・ブリュット

1843年、ヨハン・ヨーゼフ・クリュッグは、自らの名を冠した比類なきシャンパーニュを世に出し、確たる評価を得ることを夢みて創業しました。 創業以来1世紀半にわたり受け継がれてきたクリュッグ家のシャンパンづくりは、他とは一線を画します。「最高のシャンパーニュのためにはあらゆる努力を惜しまない」という考え方とクリュッグ独自のシャンパン製法を、充実に守り続けています。クリュッグを語るときに欠かせない のが30年以上もの長い間使われるオーク小樽です。樽職人たちが手間とコストをかけ手入れし続けていす。原料となるすべてのワインをオークの小樽で第一次醗酵させているのは、いまではクリュッグのみです。変わらずに受け継がれて来た伝統が息づくシャンパン・クリュッグに込められた情熱は、世界中で絶大な賞讃を受けています。

シャンパン・メゾンとしては珍しいクロ・デュ・メニルとクロ・ダンボネという単一畑を所有し、同名の「畑名シャンパン」もリリースしている。 クロ・デュ・メニルがコート・デ・ブラン地区、メニル・シュール・オジェ村の畑で、シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。クロ・ダンボネがモンターニュ・ド・ランス地区アンボネイ村の畑であり、こちらはピノノワール100%のブラン・ド・ノワールとなっている。
辛口でありながら、引っかかることのない、シルキーな口当たりフレッシュなベリー系の香味と、熟成感を感じる厚みをもつ複雑なロゼ。口当たりは官能的で驚くほどに滑らか。

クリュッグのロゼは元々作られてはいませんでしたが、1976年は非常にブドウの出来がよく、丁寧に赤ワインを作り、秘蔵のワインとブレンドしてシャンパンにしたところその味わいに驚き、そのまま製品化したといいます。
ページトップへ